仮想通貨を始めるときに押さえておきたい基礎用語3選

まずはこの3つを覚えよう。仮想通貨の基本用語。

仮想通貨を始めたい方はおさえておきたい基礎用語とは。

ICOは株式投資でいうIPOからきており、Initial Coin Offeringの頭を取ったものです。 俗にクラウドセール、プレセールやトークンオークションなどとも呼ばれています。 では、このICOとはどのような仕組みなのでしょうか。 こちらでは、よく話題に上るICOについてご説明します。

半分に減るとはどういうことなのか

半減期というのですから、何かが半分に減ることがあるのかな、というところまではなんとなくご想像いただけるのではないでしょうか。 投資の観点から考えても重要になってくるようです。 では、この仮想通貨独自の半減期のシステムについてご説明していきましょう。

仮想通貨とつきあうには注意が必要という事

仮想通貨が奪われてしまわない為に、注意深く管理する事が必要だという事は、最近のニュースをご覧の方にはなんとなくわかりますよね。 安全に保有し続ける為の策のひとつとてしてウォレットという存在があります。 ではこのウォレットとはいったいどういうシステムなのでしょうか。

次世代の資金調達の方法としても注目

世界中で注目を集め、日本でも何かと話題を集めている仮想通貨。仮想という響きと通貨が組み合わさると、よくわからない物に聞こえてしまいますよね。実際に運用してみようかな、と思っても専門的な用語が多すぎて尻込みしてしまっている方も多いと思います。
現実に存在していない通貨と言うだけでも、すでに理解の範疇を超えているような気さえしてしまいます。
この仮想通貨の仕組みや用語をきちんと理解せず興味本位で始めてしまうと大失敗してしまう可能性大です。
デジタルの世界は、情報が日々とても早く動いていきます。
この日々更新される情報を正確に読みといていくには、専門用語の正しい理解が欠かせません。
この用語を理解出来ていないと、乱高下する仮想通貨で利益を得るのはとても困難とも言えるでしょう。
興味はあるけれども、なんとなく仮想通貨の世界がいまいち理解できない。
わかっているつもりだけど、どこに注意したらよいかわからない。
など不安要素はつきません。
ちょっとしたマネーゲームの要素が強い仮想通貨の投資ですが、基本をおさえて注意すべきポイントを確認できていれば、次世代の運用方法となる可能性もとても高くなりますよね。

損をしないためにも、基礎的な用語くらいはしっかりと覚えておきたいものです。
こちらでは、まったくわからない方にもちょっと不安だという方にもおすすめの基礎用語をわかりやすく、仮想通貨への理解を深める第一歩になるようご説明したいと思います。

▲先頭へ戻る