仮想通貨を始めるときに押さえておきたい基礎用語3選

まずはこの3つを覚えよう。仮想通貨の基本用語。

仮想通貨を始めたい方はおさえておきたい基礎用語とは。

ICOの仕組みを知る

次なるクラウドファンディングの形とも言われるICOですが、その仕組みはどのようなものなのでしょうか。
この仕組みは、企業などが直接仮想通貨を発行し、資金調達に利用するというものです。
ICOに参加しているだけで、発行と同時に高値で取引される確率は高くなり、大きな利益を得る可能性は高くなることから、ICOに参加する人が増えているようです。
直接企業などが、通過を発行するのですから、考えうる上がり幅よりかなり上を行く可能性はとても高いようです。
もちろん、この大儲けのような話しにはそれ相応のリスクがあり、仕組みをきちんと理解し注意点を踏まえた上でのことです。
では、注意すべき事とはどのようなことでなのでしょうか。

ICOとIPOの違いと注意すべきこと

IPOとの違いは、何といっても企業などの事業主が直接下層通貨を発行するというところでしょうか。
株式投資であれば、証券会社などが間に入り基準や規定に則って売り出されます。
その点に於いて、明確なルールのないICOはリスキーと言えるのかもしれません。
ただ、その分リターンが多い可能性も高い為人気があります。
下層通貨の投資に関してはそれぞれの運用に関して明確な規定が無い為、様々なリスクが伴う投資方法と言えます。
ICOに参加しても、すぐに上場する通貨は少ないようですし、資金調達の為だけに上場しようとする企業がないとも言えません。
そのような詐欺まがいのプロダクトをしっかりと見極める目が必要と言えるでしょう。


▲先頭へ戻る